うなぎ

2013-07-01

7月の土用の丑の日にうなぎを食べると、夏バテをしないといわれています。
実はこの風習、江戸時代の万能学者であり、発明家でもある平賀源内が仕掛けたものだったんです。知り合いのうなぎ屋さんが夏はうなぎが売れないと困っていたのを見て、店の前に「土用丑の日、うなぎの日」という貼り紙をしたのです。
これが大当たりして、土用の丑の日にうなぎを食べる風習となりました。
丑の日に「う」の付く物を食べると、病気にならないという言い伝えもあったようですので、まさにピッタリのキャッチコピーだったのでしょうね。
栄養たっぷりのうなぎを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょう。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.