エピソード~地下鉄

2014-04-04

この間地下鉄に乗った時のことで、車内はとても混んでいました。ある駅で2人の若い男性が私の前に乗ってきました。そして、次の駅で自分の両側の席が一席ずつ空き、横にずれました。それは、私の前に立っていた男性が二人並んで座れるように気遣ったのです。

しかし、目立つのは嫌いなので、さりげなく行動したのですが隣に座った男性が大きな声で「気を遣ってくれたんだね。なでしこ精神はまだ残っていて、日本も捨てたものではないね!」と私に聞こえるよう友人に話していました。私が下を向いていたので、お礼のつもりで言ってくれたのだと思いますし、気遣いに気付いてくれて嬉しかったのですが、恥ずかしくて早く目的地の駅で降りたく仕方ありませんでした。

日本人は、親切をした時「当たり前のことをした」のですから堂々ととしていればいいのに、目立ったりするのが嫌な傾向があるように思えます。
親切心は皆さんが持っているものだと思いますが、行動に移すには勇気がいりますし、人の注目を浴びるというのも恥ずかしかったりしますよね!しかし相手の立場になり「人に親切にするという心」は、どんな時でも忘れてはいけないと思います。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.