クラシック曲(ピアノ)

2012-11-09

数日前、読書の秋と載せましたが、音楽鑑賞もよいのではと思い・・お薦めの曲を紹介します。クラシックに興味ない方でも、試しに聞いてみてください♪
私は、小さい頃からたくさん習い事をしましたが、唯一「ピアノを習いたい」と、言ってもやらせてもらいませんでした。大人になってから、キーボードピアノを購入して練習しました。ショパンやベートーヴェンは、全く弾けませんが・・。

【ショパン】
●「ノクターン(夜想曲)第2番- 変ホ長調 作品9の2」~甘く優しい旋律が夜のイメージにピッタリで親しみやすい曲。ショパンのノクターンの中で最も有名です。
●「子犬のワルツ-ワルツ第6番 変ニ長調 作品64の1」~ショパンのワルツの中で最も広く親しまれている曲。可憐で優美な旋律は、ショパンのあふれる愛情を表現しているかのようです。
●「ノクターン第20番-レント・コン・グラン・エスプレッショーネ-嬰ハ単調 遺作」~ノクターンの中でも広く知られている曲の一つで、憂いのある旋律が印象的。平原綾香の歌にアレンジされ、人気が高まっています。
●「別れの曲 エチュード作品10第3番 ホ長調」~最初のメロディー癒され、盛り上がりの部分は激しい感情が表現されている曲。ドラマ(101回目のプロポーズ)で流れていました。

【ベートーヴェン】
●「¨悲愴¨ 第2楽章 – ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13」~ベートーヴェン3大ソナタの一つ。穏やかでロマンティックな雰囲気に満ちています。CMにも使用されていて、広く知られている曲です。

 ※この中でも特に、ショパンの別れの曲とベートーヴェンの悲愴がお薦め。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.