ストレス

2013-05-14

今日は、ストレスを発散する方法をご紹介します。(参考文献有)
『とにかく“自分のための時間”を定期的に作ること。短い時間でも良いので、自分の趣味やスポーツなど、100%自分のために費やせる時間を確保しましょう。
逆にいくら休みがあっても、ずっと寝ていたり、家事に追われたりではストレスは解消できません。
それらを削ってでも、自分が楽しめることに没頭する時間を意識的に作ることがポイント。
長さに関わらず、“自分のために時間を使えた”という実感が重要です。』

1日ごと、あるいは1週間ごとに、受けたストレスを発散しきり、溜めないこと。
この意識を持って生活しないとストレスはどんどん蓄積され、うつへとつながっていくのだとそうです。
春先は憂うつな気分になったり、落ち込んだりする人も多くなる季節。
たまっているストレスをこまめに発散し、楽しい春を過ごしましょう。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.