スピーチ

2013-02-19

人前で話すと言うことは、誰でも緊張するものです。 会議や朝礼、結婚式や発表会などさまざまな場面でスピーチが必要なことがあります。「ちょっと嫌だな~」と思ってしまうのが人間の心情です。
スピーチに関する本は、多く出版されていますし、スピーチ法は複数の方法があります。
簡単にできることを紹介しますので、参考にしてください。

いつもの声のトーンで話す。高い声を出そうとすると、緊張で声がうわずってしますことがあるからです。また、最初はゆっくりと徐々にスピードアップすることです。スピーチに対して、あせりがあると、どうしても早口になってしまいます。これを周りから見ると、落ち着きがないように見えてしまいます。

まずは、自分を落ち着けるために、ゆっくりと話し始めます。(250文字~300文字位)そこで自分を落ち着けるとともに、聴衆に落ち着いた人物であると印象付けることができます。
ただし、ずっとゆっくりだとスピーチがだれてしまうので、 最初の部分を越えたら徐々にスピードアップしていきます。(平均350文字程度にピッチを上げていく)

※練習としてはニュースを見ながらその内容を復唱し、身体にそのリズムを覚えさせるのが良いでしょう。350文字の速度を覚えたら、最初はこれをゆっくりにして話せばOKです。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.