マクドナルドが業績減速で・・来年中に大量閉店

2012-11-06

日本マクドナルドホールディングスは1日、来年中に110店舗の大量閉店を実施する考えを明らかにした。前期(2011年12月期)まで8年連続でプラス成長を続けてきた既存店売上高が、今期は9月末までで2・2%減となるなど業績が減速しており、打開策を講じる。

閉店するのは全メニューを提供できない小規模店など、採算が悪い店舗。閉店コスト約14億円は今期決算に計上する。同社は2010年に収益力強化のため不採算店舗433店舗を閉店したが「震災後、お客さまのお得感への感度が高まっている」(原田CEO)とし、更なる効率化が急務と判断した。

〈感想〉マクドナルドは、低価格で気楽に入れるお店。
軽食ですませたいときや待ち合わせで早く着いたときなど、時間をつぶすのにも利用していました。店舗を多く持つ企業は、リスクも高い。震災の影響も大きく、失業者がまた増えると・・不景気を実感。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.