名刺

2012-11-29

初対面のビジネスマンはしばしば名刺を交換し合い、お互いの名前、会社名、連絡先などを伝えます。
名刺は、中国発祥のものだとご存知でしたか?日本では江戸時代から使われ始めた名刺は、訪問先が不在の際に来訪を知らせる意味で、戸口の隙間に挟んで帰るという使い方をしていたようです。名刺はその人の身分証明書であり、名刺を丁寧に扱うことで名刺をくれた人に敬意を払っていることを表現します。

名刺交換のマナー】 
名刺交換はまず、先に目下の人が目上の人に渡します。ただ、先方への訪問の際は、「お邪魔します」という意味を込めて訪問者が先に出します。また訪問者の方が明らかに目上である場合は、訪問を受けた側が先に出します。

※日本は世界で最も名刺交換をする国の一つと言われます。日本では比較的新しい習慣ではありますが、これも立派な日本文化の一つと言えるでしょう。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.