喪中のはがき

2013-09-30

喪中の連絡は、「今年は身内に不幸があったので、年賀状は出しません。
義理を欠くことになりますが、ご了解ください」というのが主旨です。
したがって、世間が年賀状を準備するころ、11月下旬から12月初めに出すのが適切です。

両家が喪中はがきを出すのとは別に、もし、あなた自身が喪中を意識して、平成26年年賀状を出さないつもりなら、ご自分の名前で喪中はがきを出すべきでしょう。
はがきの内容や形式は決まっていて、ネットなどに載っていますので省略いたします。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.