干支(えと)のお話し

2012-12-03

皆さんご存知のように、来年は巳年です。
もともと十二支にはじまりは、十二年で天を一周する木星の軌道上の位置(天の位置)を示すための任意の数詞でした。つまり十二支は「年」を数える数詞だったのです。

「どうして十二支はあの動物なの?なぜ、猫は入っていないの?」と一度は疑問に思ったことがありませんか。日本では、こんな民話が語り継がれています。とても、面白いお話しなので紹介します。

【昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出したそうな。
「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」

動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていったと。

さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発した。牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。

我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。それでねずみを恨んで、今が今でもねずみを追い回すのだそうな。】

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.