成人式・お祝いのハガキ(手紙)

2013-01-09

成人式(1月14日)が、もう間もなく行われますね。親戚や知人に成人を迎える人がいるという方も多いのではないでしょうか。そこで、「成人祝いのハガキ(手紙)」の書き方の文例をご紹介します。又、成人を迎える本人がお世話になっている方に、写真つきのハガキなどを送っても喜ばれると思います。その場合は、これからの目標や決意などを文章に入れることをお薦めします。)

成人祝いのハガキの文例】 
※親しい間柄の相手に送る場合が多いので、特に形式にとらわれず自由に自分の言葉で喜びを伝えましょう。

甥っ子や姪っ子の場合
~例文1~
○○くん(○○ちゃん)、成人おめでとう。
いよいよ社会人ですね。ずっと子供だと思っていたのに、いつの間にかそんな年齢になっていて、ちょっと信じられないくらいです。
あなたが生まれた日のことは、今でもよく覚えていますが、あれから20年たったんですね。お父さんもお母さんも、さぞかしお喜びのことでしょうね。
さて、これから社会人として一人前に扱われることになりますが、その分、責任と義務を果たさなければなりません。何事も自覚を持って行動し、立派な社会人となってくださいね。暇を見てこちらへも顔を見せてください。待っていますよ。

~例文2~
お正月気分もようやく抜けたころだと思います。元気にしていますか。
今年は成人のお祝いですね。本当におめでとう。成人式には振袖で出席すると聞きました。あなたの晴れ着姿は、とても素敵でしょうね。記念写真を撮ったら必ず送ってください。お祝いは何がいいですか。遠慮せず何でも言ってください。
お父さんお母さんもとても喜んでいることでしょう。どうぞよろしく伝えてください。

後輩の場合
今年のお正月は実家で過ごす予定だと聞いていましたが、どうでしたか。
さて、改めて、○○さんに成人のお祝いを申し上げます。
成人の日を迎えられるご感想はいかがですか。
もっともあなたは、もう8月に二十歳になっていますから、この成人の日は祝典に出席するだけですね。大人になった感慨は、おそらくお誕生日の時に強く抱かれた事でしょう。でも、成人の日はまた別の感慨があるかもしれませんね。
ともあれ、これから社会はあなたを大人として見ることになります。
それは、これまで夢見ていたことを大きく花開かせるチャンスでもあるわけです。
これを機会に一層頑張ってください。近いうちにお食事でもご一緒しましょう。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.