残暑見舞い

2013-08-20

残暑見舞いを出す時期は、遅くても8月末日迄です。せっかく出すのなら、短くても印象に残るフレーズを書いてみませんか。下記にご紹介しますので、参考にされてはいかがでしょうか。

■夏の疲れが体に出やすい頃、お変わりありませんか。
■吹き抜ける風もいくぶん涼しく感じられるようになりました。
■そろそろ夏の暑さにもさよならしたい頃、秋が待ち遠しいですね。
■暦は立秋、暑さもあとわずかだと期待したいですね。
■もうすぐ熱帯夜から解放されそうです。ぐっすり眠れていますか。
■子どもの頃は夏の終わりがさみしかったのに、今は秋の訪れを待ちわびています。
■八百屋さんで葡萄を目にするようになりました。秋の訪れまであと少しです。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.