研修・講習

2012-11-08

私が某会社で、販売の仕事に10年従事していた時・・必ず年に2,3回、研修や講習がありました。その当時は、それが嫌で嫌でしかたありませんでした。なぜかというと、札幌から千歳までわざわざ行かなくてはいけなかった点と、講師の方や先生に指名されると大勢の社員の前で実技をさせられること・・何年目であろうと緊張しました。

内容は、接客(販売)に付随するマナー講習や電話応対・商品知識・購買心理・販売促進・ロールプレーイングなど、さまざまな研修や講習。
今になって考えてみると、自分のスキルアップにつながったので、それらを受けて本当に良かったと思っています。
皆さんもそういう機会(研修・講習)があれば、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。仕事は勿論、生きていくうえで役に立つことが多いと・・。

今でも忘れられないのが、※本沢康之先生の研修での言葉。
「嫌々やるもやる・進んでやるもやる・同じやるなら進んでやろう」と「てきぱき・はきはき・いそいそ・目配り・気配り・心配り」です。これは、接客だけに通じるものではなく、何事に対しても大切なことなので、心に残っています。先生の本も読ませていただき、とてもためになりました。

※本沢康之~「本沢流自分を動かす極意」、「本沢流月商1,000万円ープロ販売員はひと味違う」などの著書あり。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.