緊張解消法

2013-03-31

緊張して震えるのは、体内に高まったエネルギーを何かに代えて消費しようとする代償運動なのかも知れません。そんな時はこぶしを強く握る。足を踏み鳴らす、足や腕に力を込めるなどの筋運動を行って筋肉内の余分なエネルギーを使ってあげてください。
筋肉が疲れると不思議と震えなくなります。参考に、緊張をほぐす方法を下記に載せます。

【丹田呼吸法】
鼻から吸い込んだ空気をできるだけ深いベルトの高さのところまで持っていって、体内にある、握りこぶしくらいの風船を膨らませる要領でゆっくりと呼吸してください。お腹も意識して膨らませる要領で行います。呼吸回数は大きく少なくが目安。

【ピノキオ式調心法】
あなた自身が糸で吊るされた操り人形になったような気分で少し軽く背筋を伸ばし、あなたは自分の身体を頭上の真上から見下ろすように意識して身体を動かすようにしてみてください。客観的に自分を外から観察しながら自分を操っているので、胸の高鳴りも心地よく快感に感じられるようになり、緊張している自分に微笑ましい好感を自分自身が感じるようになります。

【手文字式リラックス法】
手のひらに「人」という文字を書き、飲み込む動作を3回行います。
観客の意識に飲み込まれない自分になれます。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.