身体にいいもの(食べ物)

2013-06-05

今日は、身体によい食べ物(飲み物)を紹介します。私は、好き嫌いもあり偏った食生活になりやすいです。皆さんは、どうでしょうか。とても、身体に気をつけている方も多いですよね。
これを参考に、毎日の食生活を改善してみてはいかがでしょうか。果物が多いのには、驚きです。

【水】
皮膚をスムーズにして記憶を良くし、関節の機能を守ってくれます。
最近は、適度に水を飲むと体重が落ちることがわかっているとのこと。

【いちご】
いちごはカロリーが少なく、繊維が多い食べ物です。実はビタミンCも豊富で、オレンジよりも多いほどです。最近、いちごが認知力の低下を防ぐことがわかってきています。

【ブルーベーリー】
ブルーベリーはビタミン、繊維、抗酸化物質とフィトケミカルを多量に含みます。
抗酸化物質だけでなく、コレステロールを下げて糖尿病のリスクも減らし、エイジングのペースを下げることがわかっています。

【アーモンド】
アーモンドは繊維質をタンパク質を豊富に含みます。抗酸化物質、ビタミン、ミネラルも多いのでヘルシーフードとして有名です。ただ、スナック菓子としてのアーモンドはポテトと同じくハイカロリーなので注意した方が良いとのこと。心臓病や血圧を下げる効果が高いとのこと。

【ラズベリー】
ラズベリーを食べる習慣はあまり日本にはないのですが、ビタミンC、抗酸化物質、フィトケミカルを多く含みます。最近、加齢による精神の落ち込みにも効果があると報告され、心臓病、抗がん作用にも注目されているそう。

【オレンジ】
オレンジはビタミンC、ビタミンB9、繊維質、そして抗酸化物質を多く含みます。

【りんご】
リンゴも美容食として有名です。ペクチンを多く含み、その水溶性繊維質がコレステロールを下げてくれます。リンゴの皮に含まれるウルソール酸が、ダイエットに有効と・・最近報告されました。

【ほうれん草】
たくさんの抗酸化物質を含んでいます。カルシウムの多さはミルクに、鉄の多さはお肉に匹敵するほどです。

【さくらんぼ】
ビタミンA,C,鉄とカルシウムを含んでいます。食べたりチェリージュースを飲むことにより、心臓病や疲れたときのリカバリーに良いと最近の文献で書かれています。

【トマト】
トマトに含まれているリコピンは熱にも強いため、加工食品でも大丈夫。ジュースやケチャップにして加工するほどリコピンが濃縮される傾向にあるため、加工食品ほどダイエット効果が高くなります。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.