雨にも負けず(雨ニモマケズ)      宮沢賢治

2012-11-10

最期まで人のために生きた、宮澤賢治さんの代表詩とされるものです。有名な作品なので、知っている方が多いと思います。知らない方は、是非1度読んでみて下さい。私は、まだまだ未熟でこのような悟りになれませんが、読むと感動します。

「雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている 一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ あらゆることを 自分を勘定に入れずに よく見聞きし分かり そして忘れず 野原の松の林の陰の 小さな萱ぶきの小屋にいて 東に病気の子供あれば 行って看病してやり 西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い 南に死にそうな人あれば 行ってこわがらなくてもいいといい 北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き みんなにでくのぼーと呼ばれ 褒められもせず 苦にもされず そういうものに わたしはなりたい 」

※宮沢賢治~作家。農業技術指導、レコードコンサートの開催などの活動をし、農民の生活向上を目指す。「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」「風の又三郎」などの著書がある。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.