食べ過ぎ防止策

2014-03-19

3月とはいえ、まだ寒い日が続いています。運動不足がちで、ついつい食べ過ぎてしまって太ったという皆さん・・いますよね!!心理学的な観点から、食べ過ぎを防止する方法を紹介します。
「なるほど」と納得してしまう工夫がいっぱい。コレは、おさえておきたいです。

■食べ物を盛り付ける際、大きなお皿ではなく小さなお皿に盛り付ける。少ない量でも多く見える。
■利き腕でない手で食べると時間がかかるので、満腹感が得られる。
■背が高く細いグラスで飲み物は飲む。量も少なくてすむ。
■お腹が空いた時、ガムを噛むと食べ物を食べた時と同じような効果が得られる。
■異なった種類の食べ物を避け、同じような食べ物にする。種類が多いと食欲がわくので。
■食べる時に出来るだけ小さなスプーンやフォークを使う。何回も口に運ぶことになるので、量を多く食べた気がする。また、何度も噛むことにつながる。

Copyright(c) 2012/9 手書き代筆の【代筆代行サービス】 All Rights Reserved.